ファンライ クエスト

世界一周目指して海外を一人ぶらぶらしてます

海がキレイすぎ!バンコクから短時間で行けるサメット島への行き方をご紹介!

f:id:aimizu0610:20180413195606p:plain

タイにせっかくきたので2泊3日でサメット島へ行ってきました!

これが初の島デビュー!はじめに感想いっちゃうけどマジで行ってよかった!

ただただバカンスするためだけにいってきたので、存分にサメット島を堪能してるようすを書いていく!

バンコクからサメット島への行き方

はじめにバンコクにあるエカマイ東バスターミナルからバスに乗り、3時間半かけてバンペーという場所に向かいます。

バンペーに到着したら船に乗ってサメット島へ行くという流れです(船の乗り方は後述します)

エカマイ東バスターミナルはこちら

 

エカマイ東バスターミル

f:id:aimizu0610:20180413182344j:plain



正面の入り口から入って左手にバンペー(Ban Phe)行きのチケット窓口があります。窓にもBan Pheと書いてあるのでわかりやすい

f:id:aimizu0610:20180413182436j:plain



受付でサメット島へ行くことを伝えれば、バスチケットと同時に船のチケットも購入することができます。

ここで往復でチケットを購入できるそうです!わたしの場合よくわからなかったので片道チケットだけ買いました

チケットを購入したら、バス停が裏側にあるのでそこでバスを待ちます

f:id:aimizu0610:20180413182639j:plain

受付でもらった時刻表を見ると、バスは大体1時間ごとに出ているようでした

f:id:aimizu0610:20180413183048j:plain

 

バンペー(Ban Phe)に到着

バスを降りると、道路挟んで向かいにある船乗り場へ向かいます

f:id:aimizu0610:20180413183253j:plain

 

乗り物酔いをしやすいのでけっこう心配してたけど、果てしなく先を見てたらなんでもなかったオッケー!!

 

サメット島に到着!

移動すること40分でサメット島に到着!迎えてくれたのは般若顔の巨大女神。えらい形相じゃない???

f:id:aimizu0610:20180413183746j:plain

 

道路にはカフェや学校、セブンイレブンもあって普通の市内みたいでした
f:id:aimizu0610:20180413184449j:plain

 

 

宿泊した「チリホテル」

宿泊したのは港から徒歩10分にある「チリホテル」。一泊朝食付きで3200円くらいです。久しぶりの個室だから開放感ハンパなかった

f:id:aimizu0610:20180413185417j:plain


朝食も数種類から選べて、ふつうにおいしい。野外で食べるので安定のハエたちも盛大に迎えてくれます

f:id:aimizu0610:20180413185655j:plain

 

 

初めてのキレイな海「サイケオビーチ」

ホテルから歩いて5分くらいのところにキレイな海があります。その名も「サイケオビーチ」キレイすぎワロタ

f:id:aimizu0610:20180413190327j:plain



この透明度と足の日焼けがヤヴァイ

f:id:aimizu0610:20180413191909j:plain

 


自分なにしてるんだっけタイム
f:id:aimizu0610:20180413192255j:plain



浮き輪のレンタルとか、スキューバダイビングなどのツアーもたくさんあって家族で来ても絶対楽しいと思う!

f:id:aimizu0610:20180413194519j:plain



浜辺にはレストランがたくさんあって、夜は海眺めながらここで夕食とりました

f:id:aimizu0610:20180413192832j:plain

 

どこでも食べれるハンバーガーとパパイヤサラダとコーラの相性良すぎ!コーラってどの店も安くて、コーラばっか飲んでたら中毒になりました

f:id:aimizu0610:20180413193347j:plain

 

夜はファイヤーダンスを見れるそうですが、あまり興味なかったのでスルー

海みたり、ホテルでYouTubeみたりしてたら二泊三日のバカンスはありえないスピードで終わりました。

どう考えてもあと1ヶ月足りなかった


つかの間の贅沢を味わえたサメット島

記事的にはほんとおもしろくないんですけど、ただただ最高でしたありがとうございました。

サメット島はバンコクから4時間ちょっとで行くことができるので、タイ旅行に来たときにはほんとオススメ!

次回は4カ国目のラオスをご紹介したいと思います。

市街が世界遺産になっているルアパパーンに泊まったのでとにかく自然と共存してる。乞うご期待!

 

>>なるこめのTwitterはこちら!旅のようすなどつぶやいてるよ!